コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

記事: 三宿発・ローストビーフのD2Cブランド「THE ROAST BEEF」 ギフト特化型へのリブランディングを発表

三宿発・ローストビーフのD2Cブランド「THE ROAST BEEF」 ギフト特化型へのリブランディングを発表

三宿発・ローストビーフのD2Cブランド「THE ROAST BEEF」 ギフト特化型へのリブランディングを発表

 株式会社デクノバース(本社:東京都世田谷区、代表取締役:平川歩夢)は、2024年7月5日(金)より、グループブランド「SIRCARS(サーカス)」を当社が運営するD2Cブランド「THE ROAST BEEF(ザローストビーフ)」にブランド統合し、商品ラインナップを追加、そしてギフト特化型ブランドへのリブランディングを実施したことをお知らせいたします。

 

 

■リブランディングの背景

弊社が「SIRCARS(サーカス)」というブランドでローストビーフのECサイトを始めたのは、2020年3月のことでした。コロナで大変な時期でしたが、それまでケータリングで人気だったローストビーフをネットで販売してみようと思い立ち、オーストラリア産の上質な牛肉を使って、こだわりの製法で作ったローストビーフは、お陰様で半年で2000件もの注文をいただくほどに成長しました。

 

この手応えを感じ、同年の秋に『世界一アガる、ローストビーフを』というミッションのもと「THE ROAST BEEF(ザローストビーフ)」というブランドを立ち上げました。お肉を選ぶところから、作り方、パッケージ、そしてお客様とのやり取りまで、全て自分たちで手がけることにこだわりました。

 

そうして3年半、お客様と一緒に歩んできた中で、お歳暮やお中元などの季節のギフト以外では、なんと8割ものお客様がプレゼント用に買ってくださっていることが分かり、今では誕生日や結婚祝い、お世話になった方へのお礼の品として、様々な場面でご利用いただいております。



そこで今回、もっとたくさんの方に喜んでいただけるよう、「SIRCARS」と「THE ROAST BEEF」を一つにまとめ、新しい商品も増やす決断を行いました。プレゼントを贈る方の気持ちに寄り添いながら、受け取る方にも喜んでいただけるような商品作りを目指します。

三宿ローストビーフ300g 4,300円

 

赤城牛ローストビーフ300g(岩塩)・赤城牛ローストビーフ(ガーリック)300g、日向鶏チキン、ローストポーク、牛ヒレ肉)27,000円



 

これからも商品へ「アガる」要素を取り入れ、より多くの方々の様々な場面で使っていただけるブランドを目指して参ります。ぜひ、新しくなった私たちのブランドにご期待いただけたら幸いです。



■THE ROAST BEEFの今後のブランドビジョン

『世界一アガる!ローストビーフを。』を変わらずミッションに掲げ、単においしいだけでなく、見た目、ボリューム、味にこだわり、商品到着から食事後まで、何度も気持ちが高まる体験を提供して参ります。また、食材への感謝の気持ちを込めて、ローストビーフの端材を利用したミートパイのように、「端材のアップサイクル」にも注力しています。

 

 

そして今後は、菓子業界への参入を計画しています。これまでの経験とノウハウを活かし、魅力的な常温の商品を提供することで、新たな市場を開拓できると考えており、近日中に発表予定です。

 

また、多様な顧客ニーズに応えるため、既存の製品に加え、新しい商品を次々と投入し、さらなる市場シェアの拡大を目指していきます。商品ラインナップの拡充を進めるとともに、会員数10万人を目標に掲げ、顧客基盤の拡大を図るため、積極的なマーケティング活動を展開し、より多くのお客様に魅力的だと思っていただけるサービスを提供して参ります。



■THE ROAST BEEF ブランドプロデューサー 酒井一輝 コメント

 

THE ROAST BEEFの酒井です。

これまでの3年半の歩みを振り返り、今回ギフト特化型にリブランディングすることに至った経緯をお伝えいたします。

母の日、父の日、その他の贈答シーンで多くのお客様にご利用いただく中で、「自分ではなかなか買わない」「もらって嬉しい」「何度もらっても困らない」といった感想を多く頂戴してきました。

これらの声が半数を占めることから、弊社のブランドはギフトとしての価値が高いと実感しています。さらに、ローストビーフは自分で買う機会が少ないものの、もらうことで人が集まるきっかけを作り出す、まさに魔法のような商品であることをお客様から教えていただきました。

そこでこれからは、体験にフォーカスし、「買い物」「贈る」「開ける」「食べる」という一つ一つの瞬間にお客様の表情を想像しながらブランドをデザインしていきたいと考えています。

THE ROAST BEEFでは、贈ったら終わりという多くのギフト体験を、受け取った後の商品で「どのような時間を過ごすか」が最も大事だと考えています。無事に贈ることができたら終わりではなく、その先のパーティーさえもプロデュースしていきたいと考えています。

 

”「おめでとう」と「ありがとう」を伝えるきっかけを作る存在に。”

 

THE ROAST BEEFは、誰かを想ってギフトを贈るあなたに最も寄り添い、その周りの人も気分が上がる空間を作り上げていきます。